歯科医院に行けない方のために、おうちにきてくれる歯医者さんを探せます
訪問歯科探しのお悩みをご相談ください 0120-934-287
電話・相談無料 平日 10:00-17:00
おうちで「口腔ケア」
おうちで過ごす方々の毎日を少しでも豊かにするための「口腔ケア」をご紹介します

コミュニケーションとしての口腔ケア

口腔ケアを行っている様子 口腔ケアの刺激は、覚醒を促します。また、関わりにより発語や笑顔を引き出す効果もあります。
大切なのは、相手にリラックスしていただける環境や雰囲気を作ることです。
ぜひ、心地よい口腔ケアをめざしましょう。

優しく気持ちの良いケアを

口腔はとても敏感でデリケートな器官です。誰でも他人に口の中を見られ、歯磨きをされるのは苦手であり、気分がいいものではないでしょう。
高齢であっても、認知症であってもそれは変わりません。口腔ケアを行う際は、されるほうにとっては気が進まないことをさせていただくという意識を持ちましょう。そのような態度で、口腔ケアを通して信頼関係を築くことができれば、笑顔や発語を促すようなコミュニケーションとしての効果が期待できます。
黙々と歯磨きするのではなく、笑顔で優しい声掛けと、優しい刺激(歯磨き、マッサージ)を心がけると、リラクゼーション効果にもつながります。

気持ち良いと感じてもらえれば大成功

生活習慣としての口腔ケアですが、マッサージや適切な歯磨きはとても気持ちのよいものです。
「この人の口腔ケアなら受けたい!」と感じてもらえれば大成功です。
もし、歯磨きへの拒否があっても徐々に薄れていくでしょう。

口腔ケアのすすめ方

「人に見られたくない」という気持ちを理解し、笑顔で声をかけながら口より遠い部分(手から腕、肩、頬)から優しくゆっくりと触れていくことで緊張がほぐれることがあります。
口腔ケアの際には、相手の目をみながら、「次は~をしますよ」などと次の行為を伝えながら行うと安心感を持っていただけます。

歯科医師、歯科衛生士の指導を受け、それぞれに合った適切な口腔ケア方法を知ることも大切です。

コミュニケーションとしての口腔ケア 「歯磨きは、単に口腔の保健衛生のためだけでなく、身体全体に及ぶリラクゼーション効果および心理面の改善効果を持つと言えます。その点からも、歯磨きという健康行動が心身全体の健康の保持・増進にとって有効であることが指摘できます。
東海大学体育学部生涯スポーツ学科 古川正夫先生」

すなわち、口腔ケアは最高のコミュニケーションツールといえるのかもしれません。

※引用元: http://www.ihs.u-tokai.ac.jp/kenkouclub/yosikawa.pdf

place地域からおうちにきてくれる歯医者さんを探す