【おうちで口腔ケア】お家・在宅で行う口腔ケアの方法や口腔ケア用品等の情報コラム

訪問歯科探しのお悩みをご相談ください 0120-934-287
電話・相談無料 平日 10:00-17:00

おうちで「口腔ケア」

おうちで過ごす方々の毎日を少しでも豊かにするための「口腔ケア」をご紹介します

口腔ケア用品の種類(舌ブラシ・スポンジブラシ)

口腔ケアは歯磨きだけではありません。歯茎や舌、上あご、頬の内側の粘膜もブラシでやさしくこすってきれいにしましょう。
また、粘膜への口腔ケアの刺激は脳に伝わり、嚥下や咳反射に良い物質(サブスタンスP)の分泌の分泌がよくなると言われています。
誤嚥性肺炎予防のためにも粘膜ケアは欠かせません。

舌ブラシ

舌苔がついている舌 正常な舌は潤いがあり、うすいピンク色をしています。
しかし舌をよく見ると白っぽくなっていることがあります。
あまりに厚みがあるときには、舌の表面に食べ物の残りかすや、はがれた粘膜、細菌などが付着した舌苔の場合があります。
このような状態のときは、口腔内の衛生環境が不良になっていることが多いので、舌をケアする必要があります。
舌はとてもデリケートな粘膜ですから、一度にすべてを取り切ろうとせず、保湿をしっかり行いながらやさしく適度な力加減で行いましょう。
舌ブラシの選び方としては、
1.舌の表面を傷つけない、柔らかく、しなやかなつくり
2.表面だけではなく舌の奥の汚れも取れる柄が長くしっかりしたもの
を選ぶとよいでしょう。

舌ブラシの様々な種類 また形態には、ブラシタイプ、へらタイプの物がありますが種類は好みで選べばよいでしょう。
ただし、どちらも使用後は流水下でよく汚れを洗い流し、乾燥させ清潔な状態を保つようにしてください。

スポンジブラシ

スポンジブラシを使用している様子 スポンジブラシは上あご、歯茎、頬の内側の粘膜の汚れを取ることにとても適しています。

様々な種類のスポンジブラシ スポンジブラシとは、先端がスポンジでできている棒状のブラシのことです。様々な種類があり、それぞれスポンジの硬さ、大きさ、形、軸の部分の材質などに違いがあります。
利用される方のお口の状態に合わせて選びましょう。

プラスチックの柄のスポンジブラシ 粘膜が弱っている方にはやわらかめのもの、大きくお口を開けるのが苦手な方にはなるべく小さいサイズのものなど、利用される方が抵抗を感じないものにしてください。
一度使用したスポンジブラシはスポンジ部分に汚れや細菌が付着しますので、必ず使い捨てにすることを心がけましょう。
またスポンジブラシは舌や頬、口唇のストレッチに使用する事もできます。
きれいに汚れを取った後はぜひ、ストレッチにも活用しましょう!

お住いの地域の郵便番号から訪問してくれる歯医者さんを探す

〒  - 検索

例)102-0083

place地域からおうちにきてくれる歯医者さんを探す