歯科医院に行けない方のために、おうちにきてくれる歯医者さんを探せます
訪問歯科探しのお悩みをご相談ください 0120-934-287
電話・相談無料 平日 10:00-17:00
ドクターごとうの訪問歯科診療チョー入門

第8回 そして歯科治療~訪問歯科診療でできること~

訪問歯科診療でできる事できないこと ここまで、訪問歯科診療の可能性をいろいろお話してきましたが、一番大事な話。いったい歯科診療室でやっていることのどれくらいを訪問でやってもらえるのか。実は、その診療室の設備によって大きく異なるのですが、基本的には診療室とほぼ同じことができます。しかし、あくまでも診療室ごとにできることは異なりますからそこはしっかり把握して依頼するようにしましょう。

さて、訪問歯科診療で最も多い依頼は入れ歯に関する依頼です。入れていると痛みがある、外れやすい、入らない、なくしたなど。これらに対応するための器材は少なく、ほぼ全部の診療所で対応できますし、よほどでない限り診療室と同じレベルの処置が可能です。

元気な歯 また、最近では定期的な歯科検診を含む口腔ケアの依頼も増えています。お口をきれいに保つ必要性は大分理解されてきたのですが、ちゃんと良好な状態を維持しようと思うとなかなか難しいのです。それは高齢者の口の中の特徴によります。そもそも残っている歯が少なく、数本が点在していたりします(孤立歯)。そうすると1本1本磨かなくてはならず大きな歯ブラシなどを使うと非常に磨きづらくなります。また、歯の頭の部分が折れてしまい、根っこだけ残ってしまっているようなケースもあります(残根)。しっかりとケアをしておかないと周囲の歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。このような特殊な状況もあるため、口腔ケアの依頼が増えています。私が訪問診療を始めた20年以上前は歯のない高齢者の方が多かったのですが、年を経て歯を残しておられる方が多くなりました。もちろん良いことなのですがケアは大変になりました。口腔ケアはもちろんすべての歯科診療所で対応できます。ただ、訪問の口腔ケアができる歯科衛生士がいるかどうかの差はあります。

訪問歯科診療に必要な道具 診療所ごとで差が出てしまうのはむし歯の処置です。訪問歯科でむし歯の痛みなどで依頼があるケースは多くありませんが、処置を求められることもあります。むし歯の処置をする時は、水を出しながら歯を削る道具、その水を排出する器械、さらには自宅でも使用できるレントゲン装置などが必要になります。

もう1つ重要なのは抜歯などの外科治療です。訪問診療の中で難しい親知らずの抜歯などはありませんが、環境を整えるために抜歯を選択することがあります。手技的、器材的にはさほど困難になることはないのですが、ご本人の全身状況が大きく関与します。どんなに容易な抜歯であってもストレスはかかってしまいます。抜歯にすることのリスクを考えて選択しなければなりません。また、薬の服用状況によっては抜歯できないケースもあります。

訪問においても歯科診療はかなり幅広く行うことができます。しかし、問題は「その治療をすることのメリットとリスク」を考えて行うことです。例えば、大きなむし歯で処置に時間がかかりそうなとき、抜歯をして早く入れ歯を入れるほうが早く食事がとれるケースもあるでしょう。また、残根がたくさん残っている状態であっても全身状況から抜歯せずに残すケースもあります。訪問診療の中では、何ができるかではなく、何をするかが重要になります。

まとめ

訪問診療であっても診療室と同様な処置は可能です。しかし、訪問診療の対象になる方の体調はそれぞれ異なります。訪問歯科診療においては「その治療をすることのメリットとリスク」を考えて行わなければなりません。
place地域からおうちにきてくれる歯医者さんを探す