【ドクターごとうの訪問歯科診療チョー入門】訪問歯科診療・在宅でうける歯科診療・往診の歯医者について

訪問歯科探しのお悩みをご相談ください 0120-934-287
電話・相談無料 平日 10:00-17:00

ドクターごとうの訪問歯科診療チョー入門

第7回 訪問歯科と栄養~高齢者の低栄養の改善について~

訪問管理栄養士さん そもそも、僕が訪問歯科診療を始めた20年前、外された入れ歯を入れに行けばよいと思っていました。もちろん当時は、何らかの病気で入院してしまうとすぐに入れ歯を外されてしまい、退院まで外されっぱなしで入れ歯が合わなくなる人が多くいました。その方たちが退院して元気になってかかりつけの先生に入れ歯を入れてもらえればよいのですが、寝たきりになってしまうと入れ歯を入れていない寝たきり老人ができるという構図だったのです。だからこそ入れ歯を入れに行くことを一大使命として訪問歯科診療を始めたのです。しかし、時代とともに「口から食べること」の重要性がうたわれるようになり、歯科もそのような分野に進出せざるを得なくなりました。そんな中で、本当に最近、歯科と栄養についても考えるようになりました。

栄養のある食材 高齢者の栄養状態が悪いことはご存知でしたか?高齢者の約2割が低栄養と言われています。つまり栄養不足です。中でも在宅医療、ケアを受けている対象の方はほとんどが低栄養なのです。栄養状態が悪い方は体力もなく、肺炎などを発症しやすくなるのです。また、口から食べること自体とても体力のいることなのです。

私たちが入れ歯を入れるということは「お口の環境を整える」ということです。しかしそれだけでは食べることはできません。噛んだり飲み込んだりする「食べる機能」が備わっていなければなりません。食べる機能を発揮するためには、十分な栄養と体力が必要なのです。そう考えてくると歯科も栄養状態を把握したいということは分かるのではないでしょうか。

地域の中で訪問歯科を実践する診療室が増えてきました。実は地域の歯科診療室で働く管理栄養士さんが増えていることをご存知でしょうか。私たちの病院でも10年ほど前から入っていただいていますが、最近、加速度的に増えているように感じます。それほど歯科と栄養というものはかかわりが深いのです。

歩けるようになった患者様 さて、先日、ある管理栄養士さんとか関わった例をご紹介しましょう。ある病院から退院をされた時の体重は26キロの女性でした。上下の入れ歯は入らなくなり、ケアマネジャーの紹介で訪問をすることになりました。初診時、あまりの体力のなさでぐったりと横たわっておられました。主治医から栄養剤(液体)が処方されていましたが、1日に必要な栄養量の半分程度しか入っていませんでした。入れ歯を作製しながら食べる機能を見てみると、さほど悪くありませんでした。そこで管理栄養士とも連携し、少し噛むもの(軟らかいもの)も食べていただくようになりました。その後入れ歯が完成し、しっかり噛んで食べられるようになると、栄養状態は一気に改善し、1カ月で3キロ体重が増加しました。その後、家族と同じ食事も食べられるようになり、外出できるまでになりました。お口の環境と機能、そして栄養。切っても切れない縁なのです。

まとめ

歯科においても栄養は重要なことです。いわゆる歯科治療はお口の環境改善のために行われることが多いですが、食べる機能を維持向上させることも私たちの大きな仕事です。そのためにはご本人の栄養状態を考えていくことが不可欠なのです。

ドクターごとう … 五島朋幸先生のご紹介

1991年日本歯科大学歯学部卒。
1997年訪問歯科診療に取り組み始める。
2003年ふれあい歯科ごとう代表。博士(歯学)。
現在、日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授、日本歯科大学東京短期大学歯科衛生士科講師などを兼任。新宿食支援研究会代表。1997年よりラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」(全国15局で放送)、2017年より「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」(FM調布)パーソナリティーを務める。著書に「訪問歯科ドクターごとう1: 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)、「食べること生きること ~介護予防と口腔ケア~」(北隆館)(監修・著)、「誤嚥肺炎予防のための口腔ケアと腸管免疫の重要性」(オーラルケア)などがある。
place地域からおうちにきてくれる歯医者さんを探す